XMバナー

XM(エックスエム)の口座開設は、約2分で簡単に開設できます。海外FX初心者の方でもXMは日本語対応なので安心して口座を作れますが、XMの口座を開設する前に心配される方が多いのでよくある質問と回答をまとめました。

XMで口座開設する際のよくある質問

口座開設維持費と開設可能な年齢

XMは満18歳以上であれば誰でも口座開設可能です。

口座開設費用は無料で、維持費も基本無料です。

しかし、口座残高が残っている状態で90日間取引がないと休眠口座扱いとなり、1ヶ月5米ドルの維持手数料が口座から引き落とされます。

尚、口座残高がない状態で90日間取引がない場合は、休眠ではなく凍結(閉鎖)となり、以降該当口座へログインできなくなります。

再度取引をしたい際は、新たに口座を開設する必要があります。

英語を使う必要がある?

XMは、口座開設から出金までの手続きは全て日本語に対応しています。

口座開設時に名前や住所をローマ字で入力するくらいで、普通に使用していれば英語を一切使うことはありません。

尚、カスタマーサポートも日本人による日本語対応なので、問い合わせも日本語で完結します。

リアル口座開設から取引できるまでの時間

サポートの混雑状況にもよりますが、早ければ1時間程で可能です。

リアル口座開設自体は、約2分で完了しますが、本人確認書類の提出と認証(口座有効化)で少し時間がかかります。

尚、口座有効化がされるまでは取引を行うことができません。本人確認書類を提出し口座が有効化されるまでは通常1営業日(土日祝休業)かかります。

住所登録は正しくないとダメ?

口座開設後、本人確認書類を提出する必要があるので、提出する書類に合わせて正しい住所を入力する必要があります。

日本語入力は出来ないので、ローマ字で入力します。ローマ字の場合、書き方が反対になるので気をつけましょう。

(例)東京都千代田区丸の内1-9 Aマンション201号室

→ 「A #201, 1-9 Marunouchi, Chiyoda, Tokyo」

どの口座タイプを選べばよい?

  • 数万円以内の入金で小さい投資をする予定 → マイクロ口座
  • 数十万円以上の入金で大きな取引をする予定 → スタンダード口座

尚、初回の口座開設ボーナスをもらう為、ゼロ口座は選択しないようにしましょう。

XMから電話はかかってくる?

口座開設時に電話番号を入力する項目が必須になっていますが、本人確認の為の電話番号入力であってXMから電話がかかってくることはありません。

口座の基本通貨

口座開設フォームで口座の基本通貨を選ぶ項目があります。

日本円で入出金される際は、両替スプレッド分損せずにすむJPY(日本円)を選択した方が良いです。

無料デモ口座とリアル口座はスプレッドもレートも同じ

XMの無料デモ口座XMリアル口座は、スタンダード口座であれば表示しているレートもスプレッドも同じです。

無料デモ口座も実際のレートを反映しているので、本番同様に取引を試すことが出来ます。

XMで本人確認書類を提出する際のよくある質問

マイナンバーの提出は必須?

海外FX業者なのでマイナンバーの提出は必須ではありません。

しかし、本人確認書類の一つとして提出することも可能です。

具体的に何を提出すれば良いの?

下記の書類を携帯電話のカメラなどで撮影、スキャンしてデータをXMマイページよりアップロードし提出します。

本人確認書類例(顔写真が入っている身分証)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバー(住所証明書との併用不可)
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証/在留カード
  • 写真付き障害者手帳
上記いずれかの書類1点
現住所証明書類例
  • 健康保険証
  • マイナンバー(本人確認書類との併用不可)
  • 公共料金請求/領収書
  • 電話料金明細/請求書
  • クレジット・銀行明細/請求書
  • 住民票
  • 納税関係書類
上記いずれかの書類1点。
発行日より6ヶ月以内の書類が有効。

現住所証明書類が両親名義の場合

公共料金請求書・領収書が両親名義の場合は受付不可となりますので、口座開設者名義の携帯電話料金明細書やクレジットカード明細書、健康保険証などを提出します。

住民票は、書類も大きく携帯電話のカメラで撮影するのも大変ですので、携帯電話明細書などの住所と氏名が記載されている箇所だけを撮影した方が簡単です。

なぜ本人確認書類を提出するの?

金融業者は、金融商品取引の法規によりお客様から本人確認書類を取得することを義務付けられています。

(XMは、キプロス金融庁(CySec)およびセーシェル金融庁(FSA)、金融サービスプロバイダー(FSP)により認可・承認を受けています。)

逆に本人確認書類を提出しないFX業者は、ライセンス認可・承認を受けていない可能性があるので危険です。

本人確認書類は必ずXMマイページよりアップロード

本人確認書類をメールやEMSで直接送付は出来ませんので、必ずXMマイページの「書類のアップロード」からアップロード作業を行います。

パソコンがなくてもスマートフォンからXMマイページへもアクセス可能です。