MT4とMT5の違い

MetaTrader(メタトレーダー)は、MT4とMT5の2種類があります。MT4は2005年にリリースされた高機能チャートソフトで、MT5はMT4の最新版として2011年にリリースされました。

しかし、MT4とMT5は全く別のシステムで動作しているので、MT4とMT5の間に互換性がないのがデメリットの一つになっています。

MT4とMT5の違い比較表

特徴MT4MT5
時間足9種類
(1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足)
19種類
(1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、10分足、12分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足)
動作遅い
メモリ消費量が低いので低スペックPCでもOK
早い
メモリ消費量が増加しているので高スペックのPCが必要
Indicatorの整理整理しづらいフォルダ毎で整理しやすい
IndicatorMT4専用のIndicatorが使用可能MT5専用のIndicatorが使用可能
(まだMT5に対応しているIndicatorがMT4に比べ少ない)

尚、数年前まではMT5でストラジーテスターが使えませんでしたが、現在のMT5ではストラジーテスターも使用できます。(MQL5言語に限ります)

MT4とMT5の互換性は無し

MT5

前述した通りMT4とMT5は別のシステムなので互換性はありません。その為、MT4のアカウントでMT5にログインすることは出来ず、MT5を利用したい場合はMT5専用の口座を開設する必要があります。

また、MT4で使用していたインジケータやEAも使えないので、MT5専用のインジケータを使用する必要があるのがデメリットの一つです。