FXやCFD取引で価格を指定して取引したい場合は、取引アプリMT4から「指値注文」をします。

指値注文の方法は、3ステップと非常に簡単です。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

指値注文の流れ

ステップ1 希望の通貨ペアを選択

MT4へログイン後、取引したい通貨ペアを選択、「トレード」リンクをタッチします。

MT4アプリ指値注文

次矢印

ステップ2 「マーケット実行」→「希望の指値注文方法」をタッチ

注文画面の上に表示される「マーケット実行」をタッチします。

「Buy Limit」「Sell Limit」など4種類の指値注文から、希望の注文方法を選びます。

MT4

Buy Limit

現在の価格より低い価格で買いたい時に選択します。

いくらまで下がったら買うという予約注文が出来ます。

Sell Limit

現在の価格より低い価格で売りたい時に選択します。

いくらまで下がったら売るという予約注文が出来ます。

Buy Stop

現在の価格より高い価格で買いたい時に選択します。

いくらまで上がったら買うという予約注文が出来ます。

Sell Stop

現在の価格より高い価格で売りたい時に選択します。

いくらまで上がったら売るという予約注文が出来ます。

次矢印

ステップ3 取引量を選び、注文価格を設定

取引量を選び、注文価格を設定します。直接入力も可能です。

「発注」をタッチすれば注文完了です。

MT4指値注文

もし、「発注」ボタンがグレー色でタッチできない場合は、「現在の価格と近すぎる価格を設定している」か、「指値注文の方法が間違っている」かの2つが原因です。

MT4指値注文

以上で指値注文(予約注文)が完了です。

同時に、「ストップロス(損失を限定したいレート値)」「テイクプロフィット(利益を出したいレート値)」「有効期限」も設定可能です。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!