iPhoneのMT4(MetaTrader4)アプリで新規注文するには、MT4にログイン後にチャート画面をタッチ → 「トレード」をクリックすることで注文画面へ移動してから注文(取引)します。

尚、Android版とパソコン版は、下記の各記事でご紹介しています。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

1. 注文画面を表示させる

スマートフォンのMT4は、画面下のメニュータブから注文画面に直接移動できない為、主に下記の2つの何れかの方法で注文画面へ移動します。

  1. 気配値画面で取引したい通貨ペアをタッチ → 「トレード」をタッチ

  2. 取引したい通貨ペアのチャートをタッチ → 「トレード」をタッチ

チャートのインジケータなどで取引タイミングを判断する為、チャート画面から注文画面へ移動することが一般的です。

MT4アプリの注文

次矢印

2. 注文する

注文画面には、大きくわけて5つの項目があります。

成行注文(即時注文)の場合は、「3.取引数量」を決め、「5.売り又は買い」を選択するだけです。

MT4アプリの注文

MT4アプリの注文画面説明
  1. 取引対象の通貨ペア

  2. 注文種別

  3. 取引数量

  4. ストップロス・テイクプロフィット(未入力でも可)

  5. 売りと買いボタン

(1) 取引対象の通貨ペア

MT4アプリの通貨ペア

取引したい通貨ペアが正しいか確認しましょう。

尚、通貨ペアをタッチすることで、気配値画面と同じ通貨ペアを選択し直すこともできます。

(2) 注文種別

MT4アプリの注文種別

初期表示では、「マーケット実行」が表示されています。マーケット実行とは、成行注文(即時注文)のことです。即時注文したい際は、「マーケット実行」のままでOKです。

「マーケット実行」の箇所をタッチすると、4種類の注文方法が選択できるようになります。

Buy Limit(指値買い)

価格が下落した時に、買いたい場合

Sell Limit(指値売り)

価格が上昇した時に、売りたい場合

Buy Stop(逆指値買い)

価格が上昇した時に、買いたい場合

Sell Stop(逆指値売り)

価格が下落した時に、売りたい場合

上記4種類の注文方法を選択すると、「価格」が表示されますので、注文したい価格を入力します。

MT4アプリの注文種別

注文種別と価格の値に注意

例えば、Buy Limitを指定して、現在値より高い値を入力している場合は注文できません。Buy Limitを指定している場合は、現在値より低い価格を入力する必要があります。

(3) 取引数量

MT4アプリの取引数量

「-0.1 -0.01 ・・・」と並んでいる数字の箇所は、取引数量を選択する枠です。

「-0.1」「+0.1」をタッチすることで、数量を変えることもできますし、直接入力することも可能です。

取引数量

XM マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨

XM スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨

XM Zero口座: 1ロット=100,000通貨

取引数量について

例えば、ドル円が1ドル=110.00円の時に、XMスタンダード口座で1ロット取引する場合は、110.00円×100,000通貨=11,000,000円分を取引することになります。

ただし、11,000,000円が実際に必要というわけではなく、XMの最大レバレッジ888倍の場合は、11,000,000÷888倍=12,387円の計算により、約12,387円の必要証拠金で取引が可能となります。

(4) ストップロス・テイクプロフィット

MT4アプリの損切り・利確

  • ストップロス: 損切り値

  • テイクプロフィット: 利益確定値

新規注文と同時に、損切りする値や利益確定する値を設定することができます。

  • 買い注文の場合は、ストップロスを現在値より低い値にし、テイクプロフィットを現在値より高い値に設定します。

  • 売り注文の場合は、ストップロスを現在値より高い値にし、テイクプロフィットを現在値より低い値に設定します。

上記の逆の値やスプレッドの範囲内では、注文することができません。

また、ストップロスとテイクプロフィットのどちらかだけを設定することもできます。

設定しない場合は、入力の箇所を空欄にします。

(5) 売りと買いボタン

MT4アプリの注文

  • Sell by Market: (市場価格で即時)売り

  • Buy by Market: (市場価格で即時)買い

「マーケット実行」(即時注文)の場合は、売りと買いのボタンが表示されます。

売り又は買いボタンをタッチすることで、すぐに注文が執行されます。

指値・逆指値注文の場合

指値・逆指値注文の場合は、売り又は買いボタンは表示されず「発注」ボタンが表示されます。

「発注」ボタンをタッチすると、予約注文されます。指定した価格になると注文が執行されます。なお、有効期限を設定することも可能です。

MT4アプリの発注

「発注」ボタンがグレー色で注文できない場合は、入力した価格の値が正しくない時です。

スプレッドの範囲内やBuy Limit(価格が下落した時に、買いたい場合)で現在値より高い価格を指定している時などは注文出来ないので、入力した値が正しいか確認しましょう。

次矢印

3. 決済する

MT4アプリの決済

MT4アプリ画面下の「トレード」タブをタッチします。

口座とオーダー詳細、注文して保有中のポジション一覧が表示されますので、決済したいポジションを2秒程長押しでタッチし続けます。

ポップアップでメニューが表示されるので「クローズ」(決済)をタッチします。

次矢印

成行注文(即時決済)の場合は、ご希望のタイミングで「Close with ・・・」ボタンをタッチします。

また、取引数量を指定して分割決済することも可能です。

MT4アプリの決済

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

注文を変更したい

MT4アプリ画面下の「トレード」タブをタッチします。

注文変更したい項目を2秒程長押しでタッチし続け、「注文変更」をタッチします。

まだ未執行の注文は、「削除や価格、ストップロス・テイクプロフィット」の注文を変更できます。

注文種別は変更不可なので、Buy StopからBuy Limitに変更したいなどの際は、一度注文を削除し、注文し直す必要があります。

MT4アプリの注文変更

既に保有済みポジションの注文変更は、「ストップロス・テイクプロフィット」のみ変更可能です。

以上がMT4スマホの新規注文取引をする方法です。

MT4のバージョンにより多少画面配置が異なる場合がありますが、新規注文の操作や用語自体は同じです。

その他のスマートフォンMT4アプリの使い方は、下記リンクからご参考頂けます。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!