パソコン版MT4(MetaTrader4)で新規注文と決済する取引方法は、とても簡単です。

参考記事: FX取引の買い時と売り時のタイミング

基本的には、取引したい通貨ペアチャートをクリックし選択した後、MT4画面上ツールバーの「新規注文」をクリックするだけです。

尚、スマホ版MT4の新規注文方法は下記リンクをご参考頂けます。

MT4の新規注文方法

1. 新規注文をクリック

MT4で注文したい通貨ペアの➀チャートをクリックして選択 → ➁MT4画面上ツールバーの「新規注文」をクリックします。

もしくは、チャート上で右クリック → 「注文発注」 → 「新規注文」をクリックします。

MT4 新規注文方法

新規注文をクリックすると、「オーダーの発注」画面がポップアップで表示されます。

もし、新規注文のリンクがない、グレーになり発注できない際は、下記の記事をご参考頂けます。

参考記事: MT4で新規注文ができない際の原因と解決方法

次矢印

2. 数量にロット数を入力

通貨ペア欄が取引したい通貨ペアになっているか確認した後、「数量」に取引したいロット数を入力します。

ロット数入力

  • マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨

  • スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨

  • Zero口座: 1ロット=100,000通貨

口座開設した時の口座タイプによって1ロットあたりの単位が異なります。

尚、どの口座も0.01ロット~取引が可能です。例えば、マイクロ口座で0.01ロットは、10通貨という意味です。

取引通貨単位とは?

例)ドル円が1ドル100円でスタンダード口座から1ロット取引する場合。

  • 1ロット(100,000通貨) × 100円 = 10,000,000円

上記計算により、10,000,000円分をドル円で取引するという意味になります。

但し、海外FX業者のXMは、最大レバレッジ888倍を提供しているので、下記の計算式により必要証拠金(必要最低限の資金)は、約11,261円の資金で10,000,000円分を取引できることになります。

  • 10,000,000円 ÷ 888(倍) = 11,261円

上記同条件で最大レバレッジ25倍の日本国内FX業者の場合は、必要証拠金が40万円以上必要なのに対し、XMでは約1万円程で100,000通貨を取引出来ます。

より詳しいレバレッジ計算方法や必要証拠金の計算方法は、下記の記事をご参考頂けます。

参考記事: 必要証拠金と実効レバレッジの計算方法

次矢印

3. 注文種別を選択し注文ボタンをクリック

  • 今の価格ですぐに注文したい: 「成行注文(即時注文)」を選択

  • 価格を指定して注文したい: 「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択

成行注文であれば、そのまま「成行売り」又は「成行買い」のどちらかの注文ボタンをクリックすれば、すぐに注文完了です。

MT4取引画面

参考記事: FX取引の買い時と売り時のタイミング

以上の3ステップで新規注文の取引完了です。

次項からは、価格を指定して注文する「指値・逆指値」注文や決済方法についてご紹介します。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

MT4の指値・逆指値新規注文方法

成行注文(即時発注)だけでも新規注文取引が可能ですが、注文種別を「指値または逆指値注文(新規注文)」に変更することで値段を指定して注文することが可能です。

MT4注文種別

Buy Limit(指値買い)

価格が下落した時に、買いたい場合

Sell Limit(指値売り)

価格が上昇した時に、売りたい場合

Buy Stop(逆指値買い)

価格が上昇した時に、買いたい場合

Sell Stop(逆指値売り)

価格が下落した時に、売りたい場合

注文種別を選択 → 「価格」欄に希望の価格を入力 → 発注ボタンをクリックで注文完了です。

※注文種別と価格の値に相違があると注文できません。(例)Buy Limitを指定して、現在値より高い値を入力している場合は注文できません。Buy Limitの場合は、現在値より低い価格を入力する必要があります。

現在価格から◯◯ポイント圏内の注文は発注できません。とは?

◯◯ポイント圏内の発注が出来ないのは、「売り」と「買い」の差によるスプレッド分がある為です。

例えば、「40ポイント」というのは「4pips」を意味しています。40ポイント(4pips)以上の価格を入力する必要があります。

新規注文と同時に利確と損切りの予約注文もする方法

「オーダーの発注」画面で「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」の値を入れることで、新規注文と同時に指定した価格で決済させる予約注文も可能です。

MT4利確と損切り注文

  • 決済逆指値(S/L): 損切りする価格

  • 決済指値(T/P):利益確定したい価格

両方同時に設定することも可能ですし、「決済逆指値・決済指値」どちらか一つだけ価格を入力して注文することも可能です。

また、「成行注文」でも「新規逆指値・新規指値注文」どちらでも決済予約注文ができます。

MT4で決済する方法

MT4で決済する方法はいくつかありますが、一番簡単な方法は1クリック決済です。

お好みの決済方法を自由に選択できます。

1クリック決済

MT4画面下「ターミナル」の「取引タブ」に現在のポジション一覧が表示されています。

決済したいポジションの列、一番右側の「×印」をクリックすると1クリックで即時決済できます。(初回のみ注意事項が表示されます)

MT4 決済方法

MT4 決済方法

注文の発注画面から決済する

ターミナルの取引タブから決済したいポジション欄をダブルクリックすると決済画面が表示されます。

「成行決済」ボタンをクリックして決済することもできます。

MT4 決済方法

また、「数量」の箇所をご希望の数量にして分割決済も可能です。

参考記事: MT4で分割決済する方法

一括決済スクリプトを利用する

MT4標準機能ではありませんが、一括決済スクリプトをダウンロードしMT4へ適用することで全てのポジションを一括決済させることもできます。

MT4一括決済

日本人トレーダーによって製作された「OneClickClose」というスクリプトを使用します。

製作者のウェブサイトからダウンロード可能です。

参考記事: MT4で一括決済する方法

利確と損切りの予約注文を変更したい場合

新規注文後に利確と損切りの予約注文を入れたい場合や予約注文を変更する方法も簡単です。

MT4画面下「ターミナル」の「取引タブ」に表示されたポジション一覧の、「決済指値」「決済逆指値」のあたりをダブルクリックします。

MT4 決済方法

次矢印

「決済逆指値(S/L)」「決済指値(T/P)」の値をそれぞれ入力し「変更」ボタンをクリックすることで予約注文が可能です。

MT4 決済方法