XMのグラフ

XM公式サイトのトップページには、「XMグループのトレーダーダッシュボード」というグラフが表示されています。

トレーダーダッシュボードとは?

XMにおけるトレーダーの売り買い比率をグラフ化したものです。

XMのグラフ

XMで取引しているトレーダー達が、対象の金融商品を現在、「売っている人が多いのか、買っている人が多いのか」が一目で分かるXMのサービスです。

いつ更新されるの?

時計

15分毎に更新され、1時間前の結果が表示されるようになっています。

1時間前の更新ですが、数時間で売買するデイトレードや数日を持ち越すスイングトレードでは、このグラフが指標として利用できます。

どのように取引で利用するの?

例えば、トレーダーダッシュボードでEUR/USDの買い需要が強ければ(緑色のグラフが多ければ)、自分も「買い」というような取引が可能です。

しかし、一般的にFXトレーダーの約8割は負けている(トータル的に損失が出ている)と言われています。

そこを逆手に利用して指標の逆張りで取引してみるというのも良いでしょう。

※どちらかの取引を推奨しているものではありません。

実際のチャート推移 (EUR/USDの場合)

2016年5月23日 6時30分(サーバータイム)時にEUR/USDは1.12301でした。

EURUSDチャート

この時、XMのEUR/USDトレーダーダッシュボードは、「買い66.8%」「売り33.2%」。

指標の逆張りで“売り”を仕掛けたとしましょう。

EURUSDボード

次矢印

その後、同日サーバータイム13時00分(売りから6時間半後)、EUR/USDは1.11902まで下げました。

ここで利確をすれば、1.12301-1.11902=39.9pips取れる計算になります。

EURUSDボード

ちなみに、この時(同日サーバータイム13時00分)のXMのEUR/USDトレーダーダッシュボードは、「買い59.6%」「売り40.4%」。

6時間半前より買いの比率が7.2%下落しています。

EURUSDボード

必ずしも上記のように動くわけではありませんが、取引する際にある程度目安として指標になります。

XMでは、公式サイトのトップページにある「XMトレーダーダッシュボード」をうまく参考にしながら取引も可能です。