XMでは、3種類の口座タイプがあり、それぞれ1ロットあたりの通貨数が異なります。

その為、複数口座間のアカウント切り替え時やロット数が異なるCFD注文後に取引する際は、注文ロット数を確認するなど注意が必要です。

  • マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨
  • スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨
  • XM Zero口座: 1ロット=100,000通貨
xm-keisanXMのFX計算機(ツール)を便利に活用しよう! 必要証拠金計算やピップ値計算、スワップ計算、損益計算などのFX計算ツールが利用可能
XMのFX計算ツールとはXM公式サイトの便利なFX計算ツールを使うと、更にFX取引がしやすくなります。XMのFX計算ツールは6種類あります。一括して計算できるオールインワンFX計算機リアルタイム通貨換算ピップ値計算...

証拠金計算方法

必要証拠金を求める計算方法は下記計算式に当てはめるだけと簡単です。

[約定レート]×[取引通貨単位]×[数量]÷[レバレッジ]=[証拠金]

例えば、ドル円のレートが1ドル=120.00円だった場合は、スタンダード口座で以下のような計算になります。

120.00円 × 100,000通貨 × 1ロット ÷ 888倍 = 13,514円

XMの最大レバレッジは888倍ですので、上記条件で最低でも13,514円の資金が必要になります。

また、XMは0.01ロットから注文できますので、0.01ロット(1000通貨)取引の場合は、135円の資金が必要です。

実効レバレッジについて

最大レバレッジぎりぎりで取引した場合は、数pips動いただけで強制ロスカットになってしまいます。

その為、実際に取引する際は、最大レバレッジ888倍で実効レバレッジを200倍や300倍にするなど資金管理をすることが大切です。

尚、実効レバレッジは下記の計算式で求めることができます。

[ポジション評価額(取引数量×各通貨の現在レート)]÷[有効証拠金(資金合計+評価損益)]=[実効レバレッジ]

例えば、ドル円のポジションを1ロット分保有し現在レートが1ドル=121.00円、有効証拠金が100,000円だった場合は、下記の計算になります。

(100,000通貨 × 121.00円) ÷ 100,000円 = 121倍

複数のポジションがある場合は、ポジション評価額を足して最後に有効証拠金で割る計算です。

[有効証拠金]はMT4のターミナルでリアルタイムにてご確認頂けます。

MT4有効証拠金

面倒な計算は必要なし。XMでは便利な必要証拠金計算ツールがあります。

xm-keisanXMのFX計算機(ツール)を便利に活用しよう! 必要証拠金計算やピップ値計算、スワップ計算、損益計算などのFX計算ツールが利用可能
XMのFX計算ツールとはXM公式サイトの便利なFX計算ツールを使うと、更にFX取引がしやすくなります。XMのFX計算ツールは6種類あります。一括して計算できるオールインワンFX計算機リアルタイム通貨換算ピップ値計算...