FXチャート

FXのチャートの見方は難しそうに見えますが、とても簡単です。FXにおけるチャートとは、現在から過去の為替レートをグラフ表示し、視覚化して見やすくしています。上下が為替レートの軸で、左右が時間軸(一番右が現在のレート)です。

今回は、FX初心者の方向けにチャートの見方とMT4でチャートを使う方法をご紹介します。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

「ローソク足」表示

チャート表示の種類は、「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」と3種類あります。

スマートフォン版のMT4であれば「設定」→「チャート」から表示方法を選べます。

パソコン版MT4であれば「チャート上で右クリック」→「プロパティ」→「全般」タブから変更可能です。

3種類の中でも、一番チャート分析がしやすい「ローソク足」を表示するのが世界でも一般的です。

MT4チャート表示

標準の表示では、緑色のグラフが表示されています。白色になっている棒線は下落を意味し、白抜きの棒線は上昇を意味しています。このグラフの色はお好みに合わせて変更することも出来ます。

ローソク足の見方

ローソク足1本は、それぞれ意味があります。陽線(上昇)・陰線線(下降)共に下の線は「下ヒゲ」と呼ばれ「安値」を意味します。上の線は「上ヒゲ」と呼ばれ「高値」を意味しています。

ローソク足の見方

各線1本のローソク足は、表示設定した時間です。(「時間足(じかんあし)」と言います)

例えば、1時間足を表示選択した場合は、1本=1時間を表し、15分足を表示選択した場合は、1本=15分を表しています。

チャート時間足

ローソク足を分析し取引に利用する

テクニカル分析

現在から過去のチャートの組み合わせを分析することにより、FX取引で活用できます。

世界中の個人投資家達に使われているチャートの分析方法はいくつかありますが、代表的な分析方法は、「Envelope」と「移動平均線」です。

その他、下記のリンクからは、チャート分析(テクニカル分析)の方法もご紹介しています。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!